いざという時に困ら無い為に知っておきたいパスポートの基礎知識

パスポートの取得に年齢制限はあるのか?

海外旅行を行くのに必ず必要になって来るのが、パスポートです。 普段使うものでは無いので、詳細まで知ら無いという方がほとんどでしょう。 いざという時に困ら無い様に概要だけでも知っておきましょう。 まず、パスポートを取得できる年齢は何歳からと言うと、実は年齢制限が無いのです。 生まれてすぐからパスポートの取得が行えます。 逆に言うと0歳児であっても海外旅行に行く際にはパスポートが必要になるのです。 また、年齢に関しては別の取り決めがあり、20歳未満の場合は5年間有効のパスポートしか取得をする事が出来ず、20歳以上になると初めて10年間有効なパスポートが取得できる様になります。なお、20歳以上でも5年間のみのパスポートを取得することが可能となっています。 全く海外旅行の予定が無いという方は5年でも良いと言えるでしょう。

パスポート取得にかかる費用はいくら?

5年間有効のパスポートと10年間有効のパスポートでは有効期限以外にも違いがあります。 5年間有効のパスポートを取得する場合にかかる費用は12歳以上で11000円、12歳未満の場合は6000円となります。 10年間有効のパスポートの場合は16000円となり、5年間のものを更新するよりも割安な料金設定となっています。 申請をするには本人確認書類の提出も必要となるので、注意をしましょう。 運転免許証やマイナンバーカードであれば、それだけで本人確認が行えますが、いずれも無いという場合は健康保険証や年金手帳、印鑑登録証明などで代用する事が可能です。 公的書類の発行には時間を要する場合もあるので、パスポートの申請の際には注意をしましょう。